院長紹介

新小岩のしんこいわ姿勢整体院TOP > 院長紹介

しんこいわ姿勢整体院 院長
厚生労働省認可国家資格 柔道整復師

横川 賢一

1979年10月12日生まれ 千葉県出身

略歴

国家資格 柔道整復師免許 取得
足のスペシャリスト養成塾認定フットマスター取得
カナダBi-op社認定オーソティックアドバイザー取得
BMK美健セラピーマスター取得
猫背矯正整体技術取得
JACS主催 姿勢分析セミナー修了
Improving Posture Technique 取得

治療家を目指したきっかけ

こんにちは!「しんこいわ姿勢整体院」 院長の 横川賢一 です。
私は21才の時に治療院業界に入り、以来、整形外科や整骨院にて勤務経験を重ねてきました。

私が治療家を目指そうとしたのは、中学時代所属していたテニス部での怪我がきっかけでした。
ある日の練習中に左足首をひどく捻ってしてしまい、くるぶしの部分が大きく腫れあがり痛みで歩く事も難しくなり、「骨でも折れてるんじゃないか?」という不安から整形外科を受診しました。
レントゲン検査の結果、幸い骨に異常は無く「足首の捻挫」と診断されました。骨折は免れましたが足首をテーピングと包帯で固定されたために部活も休まざるをえなくなり、その日からしばらくはリハビリのために通院するという生活が続きました。

治療家という職業との出会い

一定期間が過ぎて痛みも少し落ち着いたころ、足首の機能低下を防ぐためにリハビリ担当の先生が足首のストレッチやマッサージなどの治療を行ってくれました。
それまでどこかに定期的に通院をするという経験は無かったので、怪我に対し「手で施術を行い回復させる」という仕事を間近に見て、大変珍しく興味を惹かれました。
治療と合わせて自宅での「セルフケア・筋トレ」などの指導もしていただき、それらを実践したところ3週間ほどで歩く事に不自由しなくなりました。
当時の私は「怪我に対し手技を施して回復させていく仕事とは、なんて凄い職業なのだろう!」と、衝撃を受けたのを覚えています。

先生のアドバイスを愚直に実践していくうちに少しずつ確実に回復し、部活にも徐々に参加できるようになっていきました。
その後も通院を続けるうち、スタッフの方々とたくさん会話をする機会が増えていきました。
リハビリスタッフの先生達はそれぞれに資格をお持ちで、柔道整復師(ほねつぎ)や鍼灸あんまマッサージ師、放射線技師といった、怪我や体の痛みを治すプロフェッショナルな医療資格を持つ方々だと知りました。

お医者さん以外にも医療現場で活躍される方がたくさん存在する事を知り、また自然とそのような職業に憧れるようになりました。

アシスタント時代

やがて高校卒業にあたり、中学時代から憧れていた柔道整復師(ほねつぎ)免許取得のための専門学校に進学するべきか悩みました。しかし医療系の学校は学費も高く、はたして本当に自分に合う職業なのかもわからずにいたため、進学に踏み切る事ができませんでした。
そこでまずは自分の適性を見定めるために、実際に整骨院で「アシスタントとして働いてみる」という結論に至りました。もし「これは本当に自分がなるべき職業だ」という確信が持てるようであれば、改めて資格を取るために専門学校への進学を決めるという判断をしたのです。

アシスタントとして働くに当たり、先述の中学時代からお世話になっていた整形外科の系列の整骨院を紹介していただく事ができ、そこで親元を離れ一人暮らしをしながら働き始めました。
高校時代にレストランでのバイト経験こそあったものの、当然ながら医療業界の事は何もわからなかったために仕事を覚えるのには非常に苦労しました。
難しい漢字の体の部位や筋肉、聞きなれない専門用語、「人の体」を扱うという業種上の気配りなど…全てが未知の世界でしたが、中学時代から憧れていた職業の世界を少しでも多く知るために必死になって仕事を覚えました。

しかし、実際には興味本位だけで勤まる仕事ではありませんでした。
院長はじめ先生方の仕事がスムーズに運ぶよう毎日たくさんの患者様を誘導し、様々な手伝いを行うというのはとても大変でした。まだ資格も無い状態のため、できる仕事もサポートや雑用のみ。
「はたして自分にはこの業界が適しているのだろうか?そもそも、治療ができる資格を取得する事ができるのだろうか?」と、漠然と考えていました。

そんな毎日でしたが、仕事を続けるうち次第に患者様とも仲良くなり、お話をする機会も増えました。高校時代にレストランのバイトで学んだ接客サービスが活きたのだと思います。
もともと人対人の仕事がやりたかった事もあり、健康に貢献する事で喜んでもらえる整骨院の仕事に対し、徐々にやりがいを感じ始めました。
それでもまだ進学しようか迷う日々でしたが、ある日職場の先輩が私に言ってくれました。

「この仕事は君に合っている。君の天職だよ」と。

今でも決して忘れられない、思い出すたびに勇気づけられる言葉であり本当に嬉しかった事を鮮明に覚えています。

その言葉に後押しされ、資格を取るため専門学校に進学する決意を固めました。

専門学生時代

江戸川区内の専門学校の夜間部に入学が決まり、昼間は仕事、夜は学校に通うという生活を送る事になりました。

夜間部の生徒は年齢も環境もバラバラでした。高校卒業後すぐ入学した学生もいれば、全く別の職種から転職するために資格を取る人、私と同じように医療機関で働きながら資格取得を目指す人など様々でした。
授業はとても難しく、人体構造を勉強していくというのは想像以上に大変であり、誰もが国家資格を取得するために集中して講義を受け、日々必死になって勉学に明け暮れていました。

学校が終わって家に着き、自炊をして授業の復習をすると深夜に及んでしまうという事も度々あり、とても疲れる毎日でしたが夢に向かって進んでいるという充実感がありました。

大怪我により得た経験

そんな大切な時期に交通事故に遭い、右足の「すねの骨」を二本折る大怪我をしてしまいました。

バイクで出勤途中に車と激突してしまい、その事故直後から右足に電撃が走り、経験したことのない激痛により「骨が折れる」という苦しみを恐ろしいほど思い知らされました。

ふくらはぎの筋肉の「内圧」が上がりすぎて神経損傷の危険性があったため、皮膚から筋肉の表面を切開して「除圧」を行い、骨がずれないようかかとにワイヤーを通して引っ張るといった処置を行いました。

受傷から1週間後、状態が落ち着いたタイミングで手術を行い、右足の骨をボルトで固定して繋ぎました。

術後しばらくはベッドから起き上がれないため、思うように動けずに体中が痛くなり、わずかな振動でも骨折した足に激痛が響き連日39度を超える高熱にうなされました。
普段、健康でいられた事がいかに恵まれていたのか。また、身体が不自由になるという事が生活していく上でいかに辛い事なのかという事が嫌というほど身に沁みました。

手術から2週間後、まだ入院が必要な時期でしたが、学校の単位が切れてしまうという事情により退院を余儀なくされました。そのためある程度回復するまでは専門学校近くに宿泊し、右足にギプスをしたまま松葉杖で登校するという生活を続けました。

松葉杖をつきながらの生活というのは両手もふさがってしまうため、とても不便なものでした。数十メートル進むだけでも左足と両腕にも相当な負担が加わるためにかなりの体力を消耗してしまい、想像以上の労力を伴いました。

仕事も休まざるをえない状況となり、本当に悔しい思いをしましたが、当時から交際していた妻の支えのおかげもあり、辛い闘病生活を乗り越える事ができました。
事故から3か月後、なんと片方の杖で歩けるまでに回復して仕事にも復帰できるようになりましたが、右足には後遺症として常に「しびれた感覚」が残ってしまいました。足首の動きも硬くなってしまい、十分に動かす事ができないため歩行にも支障をきたしました。
事故から二年後にボルトを抜いた後も元の感覚には戻らず、そのまま現在でも右足はしびれている状態です。

ただ、私はこの大怪我をした事により貴重な体験ができたと考えています。

私が実際に怪我を通して感じた痛みや日常生活における苦労…これは、同じように体に不調を訴える患者様の「辛さ」を理解することが出来る、非常に貴重な経験であったと思います。
知識を学ぶだけでは、実際に患者様が抱えている痛みや体の不調を理解する事はできません。身をもって体験できた事により、治療家として働いていく上でとても意味のある経験でした。

国家試験に向けての努力

3年間の学生生活の最後にはいよいよ国家試験が控えており、もちろん合格しないと資格を得る事はできません。昼間の仕事も続けつつ膨大な量をこなさなければならないため、効果的に勉強を行う事が求められました。

そんな中、職場の先輩から勉強法に対するアドバイスをいただき、教わった方法をひたすら実践したところ驚くほど成績を上げる事ができました。それにより自信がつき、国家試験に向けてそれまでの人生の中で最も真剣に勉強に取り組む事ができました。
日中は仕事、夜は専門学校、その後明け方まで勉強を行うため、試験まであと2ヶ月という期間には1日の睡眠時間が3時間という生活が続きました。

試験当日はとても緊張しましたが、自信をもって臨むことができました。それでも結果発表の日までは不安な日々が続きましたが、努力の甲斐が実り無事、国家試験に合格する事ができました。
試験結果発表の直後、念願の「柔道整復師」の資格を手に入れられた事で涙が出るほど嬉しく、妻と手を取り合い歓喜したのを覚えています。

リハビリスタッフとして

卒業後、晴れて正式に整形外科でリハビリスタッフとして働かせてもらう事になりました。
中学時代からお世話になってきた整形外科で働く事ができたのは本当に幸せだったと思います。院長はじめ先輩方は僕が資格を取れた事を心から祝福してくださり、また資格を取ってからの仕事は責任も大きくなり、毎日忙しい日々が続きました。
そんな時期、国家試験の勉強のやり方を教えていただき、一番お世話にもなった先輩が独立して整骨院を開業するために退職してしまう事となりました。
一番仲良くしていただき、私を中学時代から面倒をみてくださり、大人になってからも医療人としての考え方を教えてくださった最も尊敬する大先輩でした。
当時の私にとってはとても寂しい出来事でしたが、その先輩は最後に「治療家としての経験を積むため、ここの整形外科以外にも勤めて勉強しなさい。」という助言を残してくれたのです。

その整形外科はとても働きやすかったのですが、たしかに昔からの慣れ合いに甘えている自分がいたのも事実。自分を厳しく律するためにも、新たに違う環境に移る必要性を感じたのでした。

先輩が退職してから1年後。自己の見分を広めるため、お世話になった整形外科を退職する決意をしました。千葉県内の整形外科に就職する事が決まり、同時に長年付き合っていた妻と結婚し、新たな生活を始める事になりました。

新天地にて

新しい職場ではリハビリ主任として配属されましたが、人を管理する事に不慣れだったために周囲に迷惑をかけてしまうばかりでした。それでも周りのスタッフに支えられながら徐々に仕事にも慣れ、責任者として大きく成長させていただく貴重な経験を積ませてもらえました。

その整形外科医院では定期的に大学病院のドクターや教授が来院し診察を行っていたため、たくさんの症例に触れる事ができました。
レントゲン分析や折れた骨を元の位置に戻す技術、それをギプスで固定する方法など「急性的な怪我」に対する知識・技術を学ぶ事ができ、大変勉強になりました。
また、他のリハビリスタッフと休日返上で他の治療院への訪問や各種セミナーへの参加を行うなど、より患者様に貢献できるよう技術・知識の研鑽に励みました。

やがてそのように勉強して得た能力を発揮するため、「いずれは自分でも治療院を開業したい」という願望を抱くようになりました。
そして千葉県内の整形外科医院に勤めて3年半経った時期に、「自分自身の治療技術・知識で患者様の健康増進に貢献したい」という思いから独立開業を決意しました。

独立開業

整形外科を退職後、平成24年3月8日千葉県佐倉市にて「かぶらぎ整骨院」を開業しました。しかし開業して直面したのは、「開業はゴールではなく新たなスタート」という現実でした。
整骨院の患者様は慢性的な「肩こり・腰痛」などを訴えて来院される方が非常に多く、開業当初は「いかに痛みを解消させるか」という事にフォーカスを置いて治療を行っていました。しかし、たとえその日の「痛み」を様々な治療器や手技により一時的に解消させたとしてもまた数日後には痛みが再発してしまう、といった症例が非常に多かったのです。つまりは「痛みの解消」と「治る」という事は全くの別物であり、実際にその方を本当の意味で健康へと導くためにはその症状をきたす「根本原因」を解消させなければいけないという事実に直面したのです。

そのような方々の症状を根本から改善できないものかと勉強を進めるうち、慢性疾患の多くは「姿勢の悪化」により引き起こされるケースが圧倒的に多いという事がわかりました。
例えば、いわゆる「ぎっくり腰」も瞬間的に痛めてしまった症状のようですが、実際には長期間の「慢性的な腰痛」を抱えている人にある時「急性的に」起こる症状です。そしてその根本原因は長期にわたり体に負担が蓄積した結果として発生した「姿勢の歪み」にあり、それを解消させない限りは本当の意味で「治った」という事にはならないのです。

しかし「姿勢の歪みの解消」のためには同様に長期間の治療が絶対的に必要であり、そのための治療計画に納得してもらい「継続的に治療を受けていただく」という事が最も重要となります。
だからこそ適切な「問診・検査・姿勢分析」を通し患者様に起きている問題とその「根本原因」を明確にし、それらの解消の見込みとそのための治療方法・治療期間および頻度といった、「患者様が本当に知るべき情報」をお伝えする事に集中して取り組みを行いました。
そしてその成果として実際に多くの方に「姿勢改善のための根本治療」を継続して受けていただく事ができ、根本原因が解消した結果「一時的ではなく本当に良くなる事ができた!」という感謝の声をたくさんもらう事ができました。

より多くの方の健康への貢献を目指して

そのような声を励みに日々研鑽を重ねる中、自分の技術・知識をもって「今までよりもより多くの方々の健康への貢献を目指す」という目標を掲げるに至りました。そして様々な可能性の中から「よりたくさんの方々が住む地域に治療院を移転する」という選択を行ったのです。
開業歴7年4ヶ月、治療家歴18年4ヶ月、延べ施術人数115,564人の経験を糧に、さらに多くの方のお体の不調を根本から解消させるため、令和元年9月に「東京都葛飾区新小岩」へと移転し、「しんこいわ姿勢整体院」を新規開業いたしました。
「健康は姿勢から」というテーマのもと「症状の根本原因」を解消させ、一人でも多くの地域の方々のお身体のお悩みを改善するための治療院活動を継続して行ってまいります。
今後とも是非、よろしくお願いいたします。

しんこいわ姿勢整体院 院長 横川賢一

トップページ | 施術の流れ・料金 | 院長紹介 | 営業時間・アクセス | しんこいわ姿勢整体院ブログ | しんこいわ姿勢整体院ニュースレター | 患者さまの声

しんこいわ姿勢整体院
住所:〒124-0024 東京都葛飾区新小岩1-46-9セントレック三田ビル3F
(JR新小岩駅南口より徒歩1分)
電話:03-5879-3223