ブログ

痛み止めの弊害

公開日:2021/03/26

お身体に痛みを感じた際に「痛み止め」を飲まれた事があると思いますが、果たして

「痛み止め服用で痛みがなくなる」=「なおった」

という事なのでしょうか?

実際には「痛み」を感じなくなっているだけで、痛みを起こしている「原因」は何も変化していません。
痛みはむしろ身体からの「無理をしないで!」というサインなので、痛みが出ている時には基本安静にする、痛みの動作を制限するなどが大切になります。

しかし、現代社会ではお仕事や家事など、どうしても休んでいられない時にはついつい痛み止めに頼ってしまうという方も多いのではないでしょうか?
しかし、痛みが起きている根本的な原因を解消させないまま痛み止めで症状を誤魔化していると、やがてより深刻な問題を体に発生させてしまいかねない大変なリスクとなってしまいます。

痛みを引き起こす原因を理解し、それを取り除く治療と「併用」するのであれば痛み止めも有効な方法かもしれませんが、ただ単にその場しのぎ的な服用をされる事には問題があると考えられます。
また痛み止めの「解熱作用」により血流は低下するため、常習的に服用する事で体の回復力も低下してしまうなどの影響も懸念されています。

当院では一時的な痛みの解消ではなく、痛みを引き起こしている根本原因を解消させるための施術を行っております。

なかなか改善されないお身体の痛みや繰り返すお身体の不調でお悩みの方は、是非当院までご相談ください。

痛み止め

トップページ | 施術の流れ・料金 | 院長紹介 | 営業時間・アクセス | しんこいわ姿勢整体院ブログ | しんこいわ姿勢整体院ニュースレター | お客様の声

しんこいわ姿勢整体院
住所:〒124-0024 東京都葛飾区新小岩1-46-9セントレック三田ビル3F
(JR新小岩駅南口より徒歩1分)
電話:03-5879-3223