ブログ

年代別のBMIの推移

公開日:2019/12/11

前回、日本人の男女差におけるBMIの推移についてお伝えしました。

今回はそれぞれの時代における「年代別のBMI推移」についてお伝えします。

年代別BMI推移

男性のBMIは戦後、40代を先行に各年代とも増加傾向をたどりました。現在では30歳以上の各年齢ともBMI が23の後半から24以上となっており、肥満傾向が懸念されています。

17歳および20歳代も体格はよくなりましたが、肥満というほどの値ではありません。

男性の年代別BMI推移に対し、女性のそれは非常に独特であると言えます。

女性の場合、戦後間もない頃は20歳代の若者が最も体格がよく、60歳代の高齢者層は最も痩せていました。これは中高年が若者層に優先的に栄養を分けていた為である、と考えられています。

現在ではこの順番が全く逆になっており、時代とともに20歳代女性のBMIが減少し「最も痩せた年齢」となりました。

逆に60歳代女性のBMIはどんどん増加し、20歳代の3ポイント以上の差が生じていると言われています。

 

次回は若い女性にみられる「痩せ」によるリスクについてお伝えします。

 

 

トップページ | 施術の流れ・料金 | 院長紹介 | 営業時間・アクセス | しんこいわ姿勢整体院ブログ | しんこいわ姿勢整体院ニュースレター | 患者さまの声

しんこいわ姿勢整体院
住所:〒124-0024 東京都葛飾区新小岩1-46-9セントレック三田ビル3F
(JR新小岩駅南口より徒歩1分)
電話:03-5879-3223