ブログ

「椎間板ヘルニア」が引き起こす症状とは?

公開日:2019/11/25

こんにちは!

しんこいわ姿勢整体院 院長の横川です。

今回は椎間板ヘルニアにより引き起こされる「神経症状」についてお伝えします。

椎間板の後方(背中側)には神経の束が走っていいるため、脱出した髄核が神経を圧迫してしまうと様々な神経症状が引き起こされてしまいます。

神経の種類は「感覚神経・運動神経・自律神経」に分類されますが、椎間板ヘルニアにより圧迫を受ける事でこれらの神経すべてに影響が及ぶと考えられています。

腰椎椎間板ヘルニアの場合は主に「坐骨神経痛」など足へのしびれ・感覚障害・筋力や腱反射の低下などを起こしやすく、重度の神経圧迫においては排尿障害や便秘といった自律神経への影響もみられると言われています。

次回も腰椎椎間板ヘルニアについてお伝えします。

坐骨神経痛

トップページ | 施術の流れ・料金 | 院長紹介 | 営業時間・アクセス | しんこいわ姿勢整体院ブログ | しんこいわ姿勢整体院ニュースレター | 患者さまの声

しんこいわ姿勢整体院
住所:〒124-0024 東京都葛飾区新小岩1-46-9セントレック三田ビル3F
(JR新小岩駅南口より徒歩1分)
電話:03-5879-3223