ブログ

単なる腰痛を放置してしまうと

公開日:2019/11/20

こんにちは!

しんこいわ姿勢整体院 院長の横川です。

前回は「姿勢変化による腰部への負担」についてお伝えしましたが、今回はその負担により起こりうる「さらなるリスク」についてお伝えします。

 

背骨は「椎骨」という骨が重なり合って構成されていて、基本的に腰の部分の5個の椎体を「腰椎」といいます。そして椎骨と椎骨の間でクッションのような役割をしている軟骨が「椎間板」と呼ばれる組織です。

 

椎間板は内側にあるゲル状組織「髄核」とそれを囲むバウムクーヘン状に重なった組織「線維輪」により構成されていますが、前回お伝えしたような腰部への負担が長期間繰り返し加わってしまうと、やがてこの髄核が線維輪を突き破り外に飛び出してしまいます。

 

この状態の事を「椎間板ヘルニア」といい、腰椎の椎間板で起きたものを「腰椎椎間板ヘルニア」といいます。

※ヘルニア=脱出の意味

 

次回はこの腰椎椎間板ヘルニアについてお伝えします。

腰椎椎間板ヘルニア

トップページ | 施術の流れ・料金 | 院長紹介 | 営業時間・アクセス | しんこいわ姿勢整体院ブログ | しんこいわ姿勢整体院ニュースレター | 患者さまの声

しんこいわ姿勢整体院
住所:〒124-0024 東京都葛飾区新小岩1-46-9セントレック三田ビル3F
(JR新小岩駅南口より徒歩1分)
電話:03-5879-3223